yukihiro220921_01
yukihiro220921_02
yukihiro220921_03
yukihiro220921_04
yukihiro220921_05
yukihiro220921_06
yukihiro220921_07
yukihiro220921_08
yukihiro220921_09
yukihiro220921_10
yukihiro220921_11
yukihiro220921_12
yukihiro220921_13

第96回装苑賞 佳作2位/PR01.特別賞を受賞した行廣賢太さんのポートフォリオを、ポイントとともに紹介します。

ポートフォリオって何?

作品のテーマやコンセプト、デザイン画、素材のサンプル、過去の制作物や自己紹介などをわかりやすく1冊にまとめたファイル。デザイナーがどんな思いや意図をもって作品を作ろうとしているのかを、審査員へ伝えるために作るプレゼンテーション用アイテムです。必須事項さえ押さえれば、ファイルの種類やサイズ、ページ数などはデザイナーの自由。まずはポートフォリオ審査を通過するために、自己流でもいいので、自由にポートフォリオを作ってみよう。

ピクセルでデザインされた渦をレーザー加工でデニムに抜染し、その生地をポートフォリオのカバーにしている。吸い込まれるような錯覚に陥る。

〔重要〕:必要事項を必ず明記しよう。
ポートフォリオを審査員に確実に届けるために、応募要項に記されている必要事項の明記を忘れずに。
希望する審査員名、テーマ、氏名、年齢、職業(学生は学校名)、住所、電話番号、メールアドレスを必ず明記してください。
※1次審査通過のお知らせは、電話連絡となります。

POINT 1:まずはテーマを考えよう。
まず初めに、自分がどんな作品を作りたいのかを考えて、テーマとなる言葉を設定します。
身の回りの出来事や最近気になっているカルチャー、大好きな趣味や尊敬するクリエイターの作品など、様々なモチーフを自分の周辺から拾い集めて、テーマにしてください。

POINT 2:次にコンセプトを練ってみよう。
テーマが固まってきたら、なぜそのテーマに至ったのか、その理由や自身の考えをコンセプトとして言葉にしてみます。文章が苦手な人は、モチーフの写真や関連する素材を集めたコラージュを添えてみるのもいいでしょう。

これまでも素材にデニムを用いて作品を制作してきた行廣さんは、経年変化しながらも絶え間なく魅力を放ち続けるデニムの美しさに真の魅力を見出したそう。そんな姿を、理想の自分を探して時間を旅しているようだと感じ、魅力の変遷を表現した。

POINT 3:イメージをまとめてみよう。
テーマをもとに、そこから浮かんでくるイメージを写真やイラストなどを使ってまとめてみます。頭の中にある要素をビジュアルとして整理して見せることで、作品の方向性や伝えたいことがよりわかりやすくなります。

時代によって役割が変化してきたデニムアイテムのデザインを、「時間の渦」「時間の波」「時間のズレ」という時間の旅から連想した3つのキーワードを元に展開。キーワードごとにデザインアプローチの様子を記録し、整理している。

POINT 4:テーマをデザインに昇華してみよう。
次にデザイン画を描いてみます。どんな服を作りたいのか、そのデザイン画を実際に形にすることができるのか、の2点が重要なポイント。装苑賞は最終的に3体のミニコレクションでの発表となるので、必ず3枚以上のデザイン画が必要です。

渦のドット絵を大胆に配置したデザイン画で、時間の旅をテーマに独自で展開したデニムの形状も個性的で目を引く。デニムアイテムが大きなキャンバスのようにも見え、実際に作品を見たときのドット絵の効果がイメージがしやすい。

POINT 5:素材を考えてみよう。
デザイン画を描いたら、どんな素材で服にしたいのかを考えます。素材サンプルはデザイン画がどんな服になるのか、見る人の想像を膨らませるサポートアイテム。あくまでサンプルなので、実物制作の際に素材を変更することは可能です。

ランウェイで離れたところから作品を見ることも意識し、時の流れる様子をピクセルのグラデーションで表現。サイズ感を工夫したオリジナルのドット絵を制作しているところや、デニムに抜染している途中など、制作過程を載せながら分かりやすくまとめている。

POINT 6:余裕があれば、プラスαの要素を追加してみよう。
●関連の資料を集め、テーマのモチーフを深く考察した、リサーチのページを入れる
●デザイン画を実物にするための研究過程を載せたページを入れる
●伝わりやすいページネーションを考えてみる
●印象的なレイアウトに挑戦してみる

ポートフォリオは起承転結のある一冊の本と同じです。初めてトライする場合は、1~5の作り方のとおりでも大丈夫。ポートフォリオ経験者や時間に余裕のある方は、ぜひいろいろな作り方を試してみてください。プロのように完璧である必要はありません。
デザイナーの熱い思いが込められていれば、審査員に思いは通じます。

行廣賢太
1999年生まれ、山口県出身。2021年、香蘭ファッションデザイン専門学校 ファッションデザイン専攻科卒業。現在、会社員として勤務。

※第96回装苑賞公開審査会の様子はこちら

photographs:Josui, Jun Tsuchiya(all B.P.B.)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。